スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グレープフルーツ

最近よくグレープフルーツを食べます。
私は、ホワイトよりも少し甘めのルビーグレープフルーツが好きです。


そこで今日は、グレープフルーツの栄養・効能
調べてみましたので皆さんにご紹介します。


まずは、もちろん
ビタミンCでかぜや美肌、がん予防
 皆さんもご存じだと思いますが、ビタミンCが多く含まれています。
 ビタミンCは、肌にうるおいを与え、疲労、ストレスからの回復や、
 かぜ、がん予防に効果があります。
 グレープフルーツは、1/2個で1日のビタミンC必要摂取量を上回る補給ができるそうです。
 朝に食べたい果物の一つですね!


ダイエットや糖尿病の人
 糖類が主成分ですが、他の柑橘類や果実と比べるとその量が少ないため、
 ダイエット中の人や糖尿病、高脂血症の人のビタミン補給に効果があります。
 バナナ等の糖類が多い果物を食べるよりも断然グレープフルーツですね!


疲労回復に
 グレープフルーツの酸味は、主にクエン酸
 クエン酸は、体内の疲労物質である乳酸の代謝を高める作用があります。
 また、唾液や胃液の分泌を高め、食欲を増進させます。
 

皮膚や粘膜の強化に
 果肉が赤い種類の、赤い色素成分はカロチンの一種のリコピン
 カロチンは、体内でビタミンAに変わり皮膚や目の粘膜を
 強化
するなどのはたらきがあります。
 勉強しているお子さんなどにも良さそうですね!


心臓の強化に
 グレープフルーツにはビタミンCとともに、カリウムも豊富
 カリウムは心臓や筋肉の正常な収縮を助け糖代謝を促進するはたらきをします。
 このはたらきとビタミンCの血管を強化するはたらきとの相乗効果が
 心臓の健康に役立ちます。


老化防止や便秘に
 果皮や袋、皮の裏側の白くてふわふわした部分などには
 食物繊維のペクチンが多く含まれています。
 ペクチンには抗酸化作用消炎作用があり、老化の予防になります。
 また、整腸効果があり、便秘がちの人にもおすすめ。
 ただし、グレープフルーツジュースには、ペクチンはあまり含まれていません
 便秘の方は、白くてふわふわした部分も一緒に摂りたいですね。


悪玉コレステロールの撃退
 最近のアメリカの研究では、グレープフルーツ中のペクチンなどのはたらきにより、
 血中コレステロール値を大幅に下げる効果のあることがわかっているそうです。
 これは動脈硬化を抑制し、心臓発作などをおきにくくすることを意味します。
 私も悪玉コレステロールが多くなりがち。
 グレープフルーツのを食べて、しっかりと予防しなくては!


ストレス解消に
 苦みはナリンジンという苦み成分を含むため。
 皮に含まれるリモネンなどとの相乗効果で、ストレスの解消に役立ちます。
 また、ナリンジンには抗がん作用や健胃効果があります。


こんなにも健康に良い作用があっただなんて驚きました。
調べれば調べるほど、美容や健康に良いグレープフルーツ。
今日から白いふわふわな部分も大切に食べてあげたいと思います



いつもブログを見ていただきありがとうございます。
ブログランキングに参加をしています。
下の2つのロゴをぽちっ、ぽちっと1回ずつクリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします→ にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ



関連記事
  1. 2011/05/18(水) 10:29:01|
  2. 健康もろもろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レインコート | ホーム | ハーブ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://afectosalon.blog104.fc2.com/tb.php/230-8bf17073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。